東京ヒーリングライフ 

身体も心もストレスなく自然体で人生を楽しみたいすべての方へ

「もの」でも「こと」でもなく「人」

2017年もあと17日。

毎日が駆け足で過ぎていきますね。

 

 

先週末に主催したイベント

クリパ&忘年会が終わりほッと一息。

 

ほんと、一息だけして

年末まで猛ダッシュかけている今日この頃です。

 

私だけでなく今週が仕事のピークという人も多いと思うので

お互い頑張って乗り切っていきましょう。

 

 

昨日はそんな細切れの時間の中

午前中に自分のメンテナンスとしてオステオパシー施術を受けに行って来ました。

 

かなりベテランなオステオパシーの先生なので

安心して施術を任せられると思って行っているのですが

色々と思うこともあり。。。

 

長年続けているからいいというものではないですね。

何事も。

 

長年続けている間に忘れてしまうものというのがあります。

 

「初心」なんてものは気がつかないうちに忘れてしまうというか

覚えていることができないものなのかもしれません。

 

それでも「初心」に戻った時に何が見えてくるかというと

私の場合は

 

「人」

 

なんですよね。

 

「もの」でも「こと」でもなく「人」です。

 

目の前にいる「人」に対して何が必要なのか?を考える。

 

いや、違いますね。

目の前にいる「人」をその存在をただ認める。

 

そういう意識から入って

何が必要なのかを考えて、推測していく。

 

自分が提供できるものは

目の前にいる「人」によって違うことを忘れてはいけないですね。

 

実際何があったのかは詳しく書きませんが

実は施術中にとある痛さに耐えられずに左手を上げて

 

「痛過ぎて無理です」

 

と施術を止めてしまったんですね。

 

オステオパシーの施術ではありえないことです。

 

オステオパシーは痛さを感じる手技はありますが

そういったものは施術側もわかっているので

手技を施す前に必ず声をかけますし

クライアントから「痛過ぎて無理です」なんて言葉が出るようなことは一切しません。

 

私は同じ施術者なのでどうもこれはおかしいなと思って

施術を中断したけれど

 

でも、クライアントさんは

これはこういうものなんだとその痛みに耐えてしまうこともあるかもしれません。

 

今、私のところに来ている

自閉症のお子さんがこの施術院に以前通っていたけれど

途中から泣き喚くようになってしまい通うのをやめたと言っていたけれど

 

多分、痛かったんだよね。。。

 

言葉にできなかったから泣くしかなかったのだろう。

 

施術でもヒーリングでも

どんな仕事でも自分の力や経験を過信してはいけないし

 

エゴを貫いてはいけないですね。

 

初心忘れるべからず。

大事なことです。

 

安全な施術とヒーリングを心がけていかねば!

 

ではでは、今日は月1OMTの勉強会です。

準備して行って来まーす。

 

 

天音

営業は28日まで。

年始は1月5日より営業いたします。

 

hic et nunc-luxus- 

 オステオパシー専用HP
http://hicetnunc-osteopathy.com/index.html

 

ブログランキング応援してくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ