東京ヒーリングライフ 

東京ヒーリングサロン&オステオパシー・クラニオセイクラル hic et nuncオーナー天音のブログ。

過去と未来の罪悪感デトックス

f:id:hicetnunc-osteopathy:20171015002033p:plain
次回はライブに行くぞー

 

 

突然の質問ですが

最近「再会」がありましたか?

 

私はいつも物事が急激に動く前には

不思議な再会があります。

 

それが本当はどんな意味があるかはわからないけれど

私にとっては再会はある意味「サイン」

 

前回のブログで書きましたが

昨日4年ぶりの再会を果たしてきました。

 

今回の再会はいつも以上に特別でしてやや複雑。

でも映画みたいな(ちょっと言い過ぎか)ストーリー展開です。

どこから話そうかな・・・

 

ではでは再会した彼のことをAさんとしましょう。

 

Aさんとの4年ぶりの再会の前に

実はAさんと繋がりのあるBさんという女性と

4年ぶりに今年の7月に再会していたのです。

 

これも私にとっては

思いもよらなかった嬉しい出来事でした。

 

では、今から10年前まで時間を遡ってみましょう。

 

湘南ライフ

 

今から10年前、Aさんは湘南のある場所にライブバーを開店しました。

当時私は湘南に住んでいる彼とおつきあいしていて

毎週彼と仲間と一緒にそのバーに足を運んでいました。

 

サーフムービーとロックが流れるおしゃれなバー。

当時の私は掛け持ちでセラピスト活動はしていたものの

大好きな仲間たちとお酒を飲みながらたわいもない話をしたり

海でバーベキューしたりと

湘南ライフを満喫することの方が

セラピスト活動よりも優先順位がずっと上でした。

 

そこから5年が過ぎたころ(今から5年前)に

おつきあいしていた彼と結婚を前提に一緒に住むようになり

週末、忙しければ10日に1度の特別な湘南ライフは

毎日=日常に変化しました。

 

彼と過ごす時間も毎日=特別から日常へ。

 

環境が変わり、過ごす時間や距離に変化が出ると

それまで見えてこなかったものが見えてくるようになりますよね。

 

子供の頃からいつも一人でいた私にとって

初めて仲間と呼べる人達と過ごすことは大きな喜びでした。

でもどこか報われない、虚しさがあったんですね。

 

飲んでいても、遊んでいても急に虚しさに襲われる。

 

それが湘南に住むようになり

特別が日常に変わった時にその虚しさの理由がはっきりとわかりました。

 

セラピストとして一本でやっていきたい

独立したいという思いはもちろんですが

もっと深いもの。

 

「人生をかけて自分の仕事に取り組みたい」

 

この想いが満たされないことが虚しさの理由でした。

 

環境を変えなければ

今も同じような生活を送っていたかもしれませんし

彼ともなあなあだったかも。

 

独立心旺盛の私と

これといって目標のない彼。

 

温度差は広がるばかりで、

一緒にいることに意味を見出せなくなっていました。

 

婚約破棄

 

決めたら後戻りはしない私は射手座。

 

罪悪感を持ちながらも、

もう彼とは一緒にいれないことはわかっていたし

 

ここから進むためには一度全てをリセットする必要があることも

わかっていました。

 

彼と別れることは仲間と別れることを意味します。

 

別れてから気がついたけれど

私は彼と一緒にいたいよりも、

仲間と一緒にいたい方がずっと強かった。

 

でも、それ以上に私には強い想いがありました。

 

それは

「セラピストとして独立したい」という想いと

「ソウルメイトに出会いたい」という想い。

 

物事はコミットする力が強ければ

大抵のことは流れていきます。

 

要するに「腹で決めたこと」はほとんどが実現する。

でも「腹で決めること」なんてそんなに多くはできないのです。

 

4年前のクリスマス

 

忘れもしない4年前の12月25日。

この日がリセットを決断する引き金となった日でした。

 

Bさんと一緒に忘年会&クリスマスをしようということになり

Aさんの営むライブバーへ。

 

そのとき、発熱をしていて体調も非常に悪かったのに

ワインをゴクゴクと(苦笑)

お酒が周り椅子から落ち、へべれけになり帰宅。(記憶もほぼない)

翌日とんでもない二日酔いの中決意したこと。

 

「彼と別れよう」

はい、婚約破棄です。

 

そこから1ヶ月の間に事態は急変して

2月の頭には湘南を去ることに。

 

湘南を去る時、電車の中で涙が止まらなくて

人目も気にせずに泣きじゃくりました。

 

仲間との別れがこんなに辛いものになるとは思わなかった。

 

でもそれ以上に

自分の人生に向き合わずに、本当の想いに嘘をつき続けることは辛い。

 

だから後悔はしていなかったし

今も最善の決断だったと思う。

 

本当のサヨナラ

 

彼と別れて、仲間と別れて湘南を去った私。

でも多くの仲間が「これからも仲間だよ」と声をかけてくれました。

「またいつでも遊びに来いよ」とかね。

でもそれは叶うことはありませんでした。

 

なぜかというと

それから1ヶ月後の3月に

 

電撃結婚してしまったから(笑)

 

多分、信じてもらえないだろうけど

二股かけていたと思われたんでしょうね。

裏切り者とか、色々。

 

FBの友達も外されたり、ブロックされたりで

ああこんなものかと。

 

真実がどうあれ、相手の中で作られた真実は強い。

だから抵抗するだけ無駄。

 

この出来事は私に大きな罪悪感を生みました。

 

もう2度と湘南には行かない。

そう心に決めました。

 

自分も嫌だし、私に会うと会った方も嫌だろうしという理由を勝手に作って。

今考えると小さいなあって思いますね。

 

物事が常識どおりに

いつも通常運転で進むなんて人間の勝手なエゴでしょう。

 

その常識と通常運転を無視したことに

私は大きな罪悪感を抱いた。

 

そして4年後の再会

 

でも、この4年間にAさんとBさんはFBの投稿に「いいね」をくれたり

Aさんとは本当にたまにだけどメッセージのやり取りがあった。

 

Bさんからの「いいね」はいつも胸が痛くなるような嬉しさがあった。

そんなBさんから6月に施術の依頼のメッセージが入った。

 

Bさんとの再会が私の中にあった罪悪感を一気に溶かしてくれた。

 

あんなに湘南に足を運ぶことに恐怖心を持っていたのに

自然とそれが薄れていたのだ。

 

そして昨日、ここはちょっとお話できないんだけど

あるシンクロがありAさんにメッセージを送ることに。

 

そこにまたシンクロが重なってアレヨアレヨと

Aさんに再会することになった。

 

リセットを決意させた4年前の12月25日に

一緒にいた2人に昨日同じ場所で会うことに。

 

まるで映画みたいなシンクロ続きのストーリーだけど

こういうことって実際にあるんですよね。

 

再会の前にもらったメッセージ

 

実はもう1つシンクロがあってね。

こじつけと言われてしまうかもしれないけれど

Aさんと会う1週間前にメッセージをもらっていました。

 

先週の金曜日に

ソウルメッセンジャーのルミナさんと

大好きな平野宏枝さんが開いたパーティーに参加したんですが

 

星読みから参加者一人ずつにメッセージカードが

プレゼントされたんです。

 

そこにはこんなことが書いてありました。

 

あなた自身の花を咲かせる基盤が整いました。

これからこの基盤に沿った現実が書き換えられていきます。

過去生からの罪悪感の浄化が間もなく終わります。

 

過去生があるかどうかはよくわからないけれど

この罪悪感の浄化というメッセージがドンピシャ。

 

メッセージを受け取った時に

よくわからない解放感を感じた。

 

でも実際に私の中にあった罪悪感が浄化されたから

この再会が起きたのだろう。

 

Bさんは私の罪悪感に終わりと告げにきた

使者だと思う。

 

素直に嬉しかった

 

大好きだったバーでAさんとの再会。

Aさんも要らぬものがすっかり落ちてシンプルで

前よりもずっとかっこよかった。

 

経営者としての話もできて、夢も語って、音楽の話もして。

素直に嬉しかったしなんか生きる力をもらった。

 

「あと10年が俺たち勝負だよね。頑張ろう」

 

そう言い合えたことが嬉しかった。

 

持つべきものは、

 

人でしかない。

 

再会を果たして更なる前進

 

Aさんとの再会を果たして、

またちょっと見えなかったものが見えてきて

 

ここから更なる前進が始まります。

年末まで駆け抜けなくちゃな。

 

罪悪感に注いでいたエネルギーは

もう自由に動けるのだから。

 

 ではでは、長くなりましたが(3000文字超えた)

ありがとうございましたー。

 

 

天音

 

ヒーリングセッションが新しくなりました。

遠方の方の個人カウンセリングもスタートしました。

詳細はHPをご覧ください。

hic et nunc-luxus- 

 オステオパシー専用HP
http://hicetnunc-osteopathy.com/index.html

 

ブログランキング応援してくださいね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ヒーラーへ