【自分メンテナンスでストレスフリーな人生を】飯田橋・神楽坂オステオパシー&ヒーリングサロン hic et nunc-luxus-

東京千代田区 飯田橋・神楽坂 ヒーリング&クラニオセイクラルオステオパシーhic et nuncオーナー天音のブログ。自分のメンテナンスは成功のエッセンス。

白いシャツと職人

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170406123848p:plain

桜満開春爛漫。

昨日、仕事が終ってから
施術用の服を買いに銀座の街へ繰り出した。

銀座4丁目交差点のメイン通りには
ファストファッションの店が並ぶ。

そこを1件ずつまわるのがいつものコース。

服に興味がないわけじゃないけれど
私の中では服は消耗品になっていた。

ものはなるべく持ちたくない。

なので1シーズンで着潰すくらい着続けて
シーズンが終る頃処分する。

だから良い服はいらない。

と思っていた。

そう、昨日までは。

 

白いシャツに恋したい

 

メイン通りに並ぶショップの1つZARAに足を運ぶと
1階のメインフロアには白いシャツやワンピースが並んでいた。

元々白いシャツは好き。

白いシャツとジーンズ。
白いシャツと黒いスカート。

10代、20代前半はモノトーンの服しか着なかったくらいだ。

並んでいる服を見てみたり手に取ったりしてみたけど
なんだかときめかない。

どれもこれも同じに見えるのだ。

そのときふと頭に浮かんできた。

「白いシャツに恋したい」

白いシャツと言えば、私の大好きな松浦弥太郎さんを思い出す。

リーバイス501、上質な白いシャツ、ニューバランスを愛する弥太郎さん。
シンプルでありながらもこだわりのあるスタイルに憧れる。

openers.jp


シンプルであることは、本当はとても難しいことなのだと思う。

あれこれと自分を装わない分
自分の素の部分が出てしまうから。

白いシャツは隠し事ができないのだろう。

白いシャツが着たくなったのも私の変化の1つ。

身体も心もシンプルになってくると選ぶ服も変わってくる。

身体の一部として
私の一部として服を選びたい。

いまはそんな気分だ。

 

オーダーメイドの心地よさ

 

以前、オーダーメイドのシャツを作ったことがある。

4年前に一度、主人に連れていかれた
オーダーメイドスーツの受注会。

それがどんなものか想像もつかないままただ連れていかれた。

ナポリには仕立て屋文化というものが残っているらしく
本場の職人が年に何度か東京に来てオーダーメイドのスーツを仕立ててくれるのだ。

wondertrip.jp


私はシャツを仕立ててもらった。
贅沢すぎる経験だ。

本場イタリアナポリからやってきた
仕立て屋職人はコスタンティーノとアントニオの二人。

ameblo.jp

 
ESSCIの國澤さんが通訳をしてくれる。

www.esseci.jp


恵比寿の受注会にはワインが用意され
ワインを飲みながら終始和やかな雰囲気の中、デザインや素材を選んでいく。

その日は初対面のKさんも一緒で
緊張しすぎてただただうなずくばかりだった。

重ねられた生地の束の中から
デザインや素材を確かめる。

その時は白ではなく薄い紫色の柔らかい生地を選んだ。


サイズを丁寧に図って、
一番身体のラインが美しく見えるように細かくデザインしていく。

デザインが出来上がり、
仮縫いが出来たところで再度来店する。

小さな待ち針を使いながら
より細かな修正をかける。

仮縫いが終るとまたシャツはナポリに渡る。

シャツを受け取るまでに半年以上かかり
その間にシャツは日本とナポリを2度ほど往復する。

シャツは私の身体が一番美しく、動きやすく作られる。

私にしか着れない服に出来上がった。

ウエストをぎゅっと細くしてあるデザインは
ぴったりと身体にフィットしていて太ったら着れなくなってしまう。

 

私達もまた職人


恋するほどの白いシャツが見つからなかったので
4年前に作ったオーダーメイドのシャツを着てみた。

お腹の周りは気にならないけれど
繰り返しの施術で上腕の部分が少しきつくなっていた。

1年以上そでを通していなかったシャツ。
こんなに着心地が良い服なのに着なかったのは何故だろう?

あたり前だけれども
ファストファッションの服とは着心地が全く違う。

このフィット感は他の服では感じられない心地よさだ。

オーダーメイドのシャツは
その人を最大限活かすように作られている。

えりの高さや開き具合も
袖の長さもその人の魅力がより引き立つようにと計算されている。

そして職人の想いや仕立て屋としてのプライドが込められているのだ。

シャツの心地良さは素材が良いからだけではなく
彼らの誇りや想いが込められているから生まれるものなのだろう。

施術もセッションもオーダーメイドだ。

誰ひとりと同じひとはいない。

同じ身体も心もない。
だからひとり一人としっかりとじっくりと向き合う必要がある。

その人を最大限に活かす施術やセッションを組み立てていく。

私達も職人。
オステオパシーという伝統を引き継いでいく職人。

自分が納得できる職人になれたとき
またオーダメイドの白いシャツを作りにいこう。

何年先かわからないけれど
その時は一生恋ができるような白いシャツを作ろう。



東京銀座 ヒーリング&オステオパシー hic et nunc
天音美保

 

いつもありがとうございます。
よかったら応援してください!励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・施術のご予約はHPからお願いします

 

・身体に触れるヒーリングを学びたい人の為の無料メルマガ。
人間>自然>宇宙 ヒーリングをとことん学びたい人の為のメルマガ

・自分メンテナンスが必要なのは何故?すべての方が無料でご登録できます。
自分メンテナンス入門

・経営者に必要なメンテナンスとは?
 経営者オンリーの無料メルマガです。
経営者の為の自分メンテナンス入門