東京 ヒーリングライフ  〜 ヒーリングとは生きている間ずっと続くプロセスです 〜

東京千代田区・飯田橋・神楽坂ヒーリング&オステオパシーhic et nuncオーナー天音のブログ。

2017年4月2日 雑記-2【必死に生きるのか、必死に死ぬかだ】

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170402111349p:plain


昨日、伊勢参拝から戻ってきた。

伊勢に着いたのは11時前。
すでに内宮の駐車場は120分待ちとなっていた。

もっぱら平日にしか移動しないので
4月1日が土曜日だということにその時に気がついた。

私は人混みが苦手。
人のエネルギーに酔い、目が回ってしまう。

これは内宮に車は置けないねえということで
今回は下宮に車を置いて歩いて内宮に向かうことにした。

下宮も人が溢れていた。
今まで見たことのない光景が目の前に広がっていた。

足早に正宮に向かいお参りを済ませ
そのまま下宮へ。

下宮までは6キロ。
歩いて向かう途中に稲荷神社と猿田彦神社に参拝した。

猿田彦神社はいつ来ても気持ちが良い。
あのひらけた感じがとても好き。

全国横断の旅をしながら100近い神社にお参りに行ったけど
猿田彦神社は神社には珍しく明るくて華やかな感じがする。
お気に入りの神社の1つである。

内宮に着く手前のおかげさま横丁を通って行ったが
これまたものすごい人で(汗)前に進めないくらい。

内宮も人が溢れかえっていた。

4月1日、土曜日、そして春休みということで
全国各地から家族づれが訪れていたのだろう。

前回内宮に来た時は
少し小雨が降っている夕方で参拝の時間も残り1時間という時だった。

この時は奇跡みたいな人の少なさで
ほとんど貸切のようだった。

五十鈴川の川沿いに一人でしゃがみこんで手を洗った。

正宮も神さんと二人きり。
もう二度とあんな奇跡のようなことはないだろうな。

内宮の正宮にお礼と宣言をした。
もう後戻りはできない。

戻る気もないけれど。

必死に生きるのか、必死に死ぬかだ

 

Get busy living, or get busy dying.

伊勢を参拝する前日に
主人と一緒にホテルについているシアタールームを貸し切って
ショーシャンクの空を観た。

以前見たのはもう20年近く前。
映画を見ながら記憶の蓋が開く。

ああ、そういえばこんなストーリーだったと
確認するように映画を観た。

無実の罪で刑務所に入れられたアンディは
20年の歳月を経て見事に脱獄を果たし全く違う人生を生きることになる。

「必死に生きるのか、必死に死ぬかだ」
作中のアンディのセリフ。

以前見た時は何も感じなかったけれど
今はズシリと重く響く。

いいんだよ〜
そのままでいいんだよ〜
ありのままでいいんだよ〜のブームが今も続いているかわからないけれど

私は必死に生きるのが好き。
そして必死に生きている人が好き。

少し肩に力が入っているくらいで
toomachなくらいの人たちと一緒にいるのが心地よい。

私のことを引っ張ったり、
押し上げたり、巻き込んだりしてくれる人たちは
みなさん必死に生きている人たち。


彼や彼女達と一緒にいると自分の甘さが浮き彫りになる。

またホメオタシス全開で戻ろうとする自分を
ここぞというタイミングで止めてくれる。

今朝もポーンっと背中を押された。

禊いでも抜け切れてなかったもの
【不安】がスコーンと抜けた。

仕組まれたようにタイミングが重なりあって
現実がどんどん生まれる。

思考は現実化する。
怖いくらいに。

さて急展開に向けて
ここから2ヶ月は2倍のエネルギーで動かなければ。


 

 

東京銀座 ヒーリング&オステオパシー hic et nunc
天音美保

 

いつもありがとうございます。
よかったら応援してください!励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村


健康と医療ランキング

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・施術のご予約はHPからお願いします

 

・身体に触れるヒーリングを学びたい人の為の無料メルマガ。
人間>自然>宇宙 ヒーリングをとことん学びたい人の為のメルマガ

・自分メンテナンスが必要なのは何故?すべての方が無料でご登録できます。
自分メンテナンス入門

・経営者に必要なメンテナンスとは?
 経営者オンリーの無料メルマガです。
経営者の為の自分メンテナンス入門