読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分メンテナンスでストレスフリーな人生を

東京 銀座ヒーリング&クラニオセイクラルオステオパシーhic et nuncオーナー天音のブログ。自分のメンテナンスは成功のエッセンス。

【触れるケアとヒーリング】かえりみられることは少ないが、 手でふれることは天からのすばらしい授けものである

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170228163617p:plain

30代になるまで
自分が手を使う仕事をするようになるとは思ってもみなかった。

子供の頃は勉強ができたわけでもないし
これといった特技があったわけでもない。

ある程度のことは
比較的こなせる器用さは持っていたものの

これといって夢中になれるものもないまま
大人になった。

数十年を振り返ってみると
1つだけ人に褒められることがある。

経験を重ねてきただけといえばそうなんだけれど
どうやらわたしの作る料理は美味しいらしい。

わたしの家は片親で
母親は昼も夜も働いていたから

小学校の高学年になって調理実習をするようになってから
食事を作るのはわたしの仕事になった。

当時は宅配システムの「ヨシケイ」を取っていた。

人数分の材料が入っていて
それを包丁で切って、メニュー通りに味付けをしてというものだったので
子供でも簡単に作れた。

20歳で結婚をしたとき
すでに料理のキャリアは9年になっていたし

初めの旦那さんは料理にはうるさい人だったから
毎日手間暇かけて料理を作った。

釣りが趣味だった旦那さんは
秋になるとワラサ釣りに行く。

そのワラサを捌くのは私の仕事で
駐車場で水を流しながら、出刃包丁を持って魚を捌いたりもした。

今からでも魚屋になれるかもしれない。。。

手と感覚を使い心を込めて作る料理。
その料理を食べて美味しいと喜んでくれる人がいる。

それはとても幸せなことだったけれど
それだけでは満たされなかった。

それ以上に幸せを感じる施術やヒーリングをするようになってから
料理はシンプルなものを一品か二品作るぐらい。

施術も料理と同じように
手と感覚を使い心を込めるけれど
1つだけ大きな違いかがある。


多分、その違いが私にとってはかけがいのないもので
この上ない幸せを感じるものなのかもしれない。

それは施術をする側の私と
施術を受けるクライアントが作る

「空間」である。


優しくて、暖かくて、守られた空間にすっぽりと入れたとき
驚くほどクライアントは回復する。

触れるケアとヒーリング

 

アロマテラピー、ヒーリング、ボディワーク
そしてオステオパシーと手技を変え、学びを深めてきたけれど

私は常にヒーラーとして施術をしているし
自分はクライアントとともにヒーリングワークをしていると思っています。

ヒーリングという概念は日本ではどうしてもスピチュアルな色の濃い
怪しいものに思われているけれど

ヒーリングって本当はもっと大きな意味を持っているからね。

治療家、医者、カウンセラー、オステオパス、ボディワーカーetc
といった職業の人を始め

自分が意識するしないにせよ
全ての人にヒーリングは起きているもの。

ヒーリングは特別なものではない。

私は体調を崩した時に
アロマトリートメントやハンズオンヒーリングのような

他者に触れられる行為で
元気を取り戻すことができた経験がある。

だからこそ、
もっと触れるという行為を広げていきたいし
当たり前のようにヒーリングが世の中に浸透していくことを願っています。

 

手で触れて本当の声を聴く

 

私は本が大好きなんですが

とても大切にしている本が何冊かあります。

好きな仕事をしていても
悩むことも壁にぶつかることもある。

そんなときに広げる本があります。

 

いのちの輝き―フルフォード博士が語る自然治癒力 | ロバート・C. フルフォード, ジーン ストーン, Robert C. Fulford, Gene Stone, 上野 圭一 |本 | 通販 | Amazon


私がオステオパシーを学ぶきっかけになった
フルフォード博士の本です。

この本の中にも触れることの偉大さを示す
言葉があります。

 

患者が痛みで泣きながら治療室にはいってくることがよくある。
そんなとき、わたしの治療はティッシュペーパーをわたして

「どうしたね?痛い時には泣けばいい」
というところからはじまる。

そして、両手をあたまにそっとあてる。
たったそれだけのことで、痛みは驚くほど軽くなり、
患者はすぐに落ち着いてくる。

かえりみられることは少ないが、
手でふれることは天からのすばらしい授けものである。

 

翔泳社 いのちの輝きーフルフォード博士が語る自然治癒力より引用) 

 

私たちは誰しもがこの世界に産まれてくる時に
誰かの手で受け止められて産まれてきました。

この世界での一番初めの記憶。

その安心感の中で大きな声で鳴いて
いのちの呼吸をする。

呼吸と人の手。

この2つが人生に足りてなければ
人は健康にはなれないとも思っています。

ハンズオンヒーリング
タッチケア

本当は名前なんてどうでも良くて
ただただ、触れるという行為を
その素晴らしさを思い出して欲しいと思っています。

言葉に頼りすぎて
頭でっかちになってしまった私たち。

でも本当の言葉は身体から発せられます。

言葉にならない言葉が
本当の想いであり、心です。

リスニングハンズヒーリングを学びたい方へ


2年前から始めたハンズオンヒーリングのクラスですが
もっと多くの人に気軽に受けて欲しいと思い

リニューアルをしました。

触れるケアを学んでみたい人は
どなたでも受けることができます。

理学療法士さんや、作業療法士の方も学ばれ
現場で使っているハンズオンヒーリングです。

ぜひあなたの手を使って
多くの人と繋がってください。

ヒーリング講座の詳細はこちらです。

 
触れるケアで自分と身近な人の健康を守りたい方へ
リスニングハンズヒーリング初級
 
日程 2017年3月26日(日)10時〜15時(お昼休憩1時間)
   2017年3月28日(火)10時〜15時(お昼休憩1時間)

※定員6名 申し込みはHP、予約・お問い合わせフォームからお願いします

15,000(税込)円 開催場所 銀座ヒックエトヌンク
 
身体と心の仕組みをベースに触れるケアを学びます。
自分や身近な人へハンズオンヒーリングができるようになります。
 
■講習内容
基本のハンズオンヒーリング
身体のしくみと心のしくみ
呼吸について
自分メンテナンスの大切さ
健康とはなにか
 
■講習日数
4時間/1日
 
■教材
 テキスト 

 詳細を知りたい方はHPをご覧ください。

hicetnunc.info

 

ではでは、ありがとうございました。

 

東京銀座 ヒーリング&オステオパシー hic et nunc
天音美保



いつもありがとうございます。
よかったら応援してください!励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・施術のご予約はHPからお願いします

 

・身体に触れるヒーリングを学びたい人の為の無料メルマガ。
人間>自然>宇宙 ヒーリングをとことん学びたい人の為のメルマガ

・自分メンテナンスが必要なのは何故?すべての方が無料でご登録できます。
自分メンテナンス入門

・経営者に必要なメンテナンスとは?
 経営者オンリーの無料メルマガです。
経営者の為の自分メンテナンス入門