東京 ヒーリングライフ  〜 ヒーリングとは生きている間ずっと続くプロセスです 〜

東京千代田区・飯田橋・神楽坂ヒーリング&オステオパシーhic et nuncオーナー天音のブログ。

クラニオセイクラルという言葉を聞いたことがありますか?

ラニオセイクラルという言葉を聞いたことがありますか?

もしかしたら
頭痛、肩こりなどの解消法などをグーグルで検索をしたときに
検索結果に出てきたことがあるかもしれません。

ヒーリングやスピリチュアルなことに興味がある人も
知っているかもしれませんね。

私がクラニオセイクラルを学びはじめたのは
いまから4年前になります。

当時は
アロマトリートメントとハンズオンヒーリングを組み合わせた
セッションを行なっていました。

すでにセラピストを初めてから8年が経ち
それなりに経験も積まれてきたころ

ある壁にぶち当たったのです。

元々リラクゼーションが目的ではなく
自己実現とかトラウマの解放を目的としたセッションを行なっていたのですが

繰り返し沢山の方の身体に触れ続けた結果
「根本的な問題が解決していない」ということに気づきました。

根本的問題というのは
肉体的にも精神的にもとても深いところにあり

自分がそこに触れられていないことに気づいたのです。

それは言葉ではうまく表現できず
感覚的なものでしかないのですが

本質は別のところにあり、
私はそこに触れられていないなあと。

人間にはもっと奥深い部分がある。
その部分がクライアント自身も触れて欲しい部分。

 

その部分がなんなのか。
それを知る為には新たな学びが必要だと
インターネットで調べた結果クラニオセイクラルに辿り着いたのです。

そこから3人の先生に出会い
海外のヒーリングの先生やボディワークを学び

いま現在学んでいるオステオパシー
学びの道を歩むことになりました。

まだまだ深い人間の世界。
学びが終ることはありませんね。。。


ラニオセイクラルセラピーとクラニオセイクラルオステオパシー


今現在私がセッションや施術でメインとなっているのは
後者のクラニオセイクラルオステオパシーです。

と言ってもなんのことだかちっともわかりませんよね(汗)

ラニオセイクラルセラピーというのは
ラニオセイクラルセラピー単独で体系化されたセラピーです。

 

アメリカのDr.ジョン・E・アプレジャーが開発した、
頭蓋と仙骨の硬膜システムの改善により、
脳脊髄液の流れを促進し、中枢神経の働きを活性化する方法


ラニオセイクラルセラピーは
オステオパシーの全体の骨格や内臓の矯正は施さずに
頭蓋と仙骨間のシステムの改善に特化した手技を行ないます。

そして、このクラニオセイクラルセラピーを学ぶことができるのは
アプレジャー・インスティチュート・ジャパンという団体のみになります。

要するにこちらは特許になっているんですね。

調べてみるとわかるのですが
ラニオセイクラルの種類は色々な枝にわかれ
それぞれの哲学の元に体型化されています。

たとえば・・・

 

ラニオセイクラルバイオダイナミクス
ラニオセイクラルリズム
ラニオセイクラルタッチ
和の頭蓋仙骨療法etc

 

なんだか沢山ありますね。
私もこの中のいくつかのものを過去に学んできましたが

これらのセラピーは哲学や手技はもちろんですが
大きな違いがあります。

あなたがセラピーを受けようと思う理由は
様々だと思います。

リラックスしたい
ストレスから解放されたい
身体の不調を改善したい
自分の向上の為にメンテナンスしたい
精神的な悩みを解決したい・・・

 

ラニオだけでも沢山のセラピーに枝分かれしていますが
大きな違いは

「目的」です。

何故、それを行なうのか?
という目的が違うんですね。

沢山のクラニオセイクラルがありますが
あなたの目的に合わせたクラニオを選んでくださいね。

 

では、クラニオセイクラルオステオパシーとは?

私の場合は
求めていたのは「人間の本質」という部分でした。

この部分に触れる為には何が必要なのか?

そこをベースに突き進んでいくと
ラニオセイクラルセラピーにも
限界があるということに気がついていきます。

身体は頭蓋と仙骨だけで作られているわけではありませんよね。

足があって手があって内臓があって、
目には見えないオーラやチャクラがあって。
人間そのものを捉えるには人間の全体を捉えていく必要がある。

様々なセラピーやヒーリングがあるけれど
私が出した答えは

特定部分だけに触れても
人間の本質的な部分は見えてこない

でした。

そこでえいやっと
オステオパシーの世界に飛び込んだわけです。

ラニオセイクラルオステオパシー
このオステオパシーの中の頭蓋の手技のことを示します。

わかりずらいですね(汗)

オステオパシーという全体を整えていく過程の1つに
ラニオセイクラルがあるという感じですね。

なので、脊柱や隔膜や内臓の調整を行なった後
最後にクラニオを行なっていくのです。

f:id:hicetnunc-osteopathy:20170222095800p:plain

※写真はオステオパシーセミナーでの私の師Jay先生と私
 こんなふうに頸椎の調整もしていきます。



頭蓋や仙骨だけを調整するのではなく
あくまでも全体を整えていく。

身体の全ての部分が改善されつながるからこそ
身体が機能します。

そして、身体に伴って心も機能するんですね。

 

 

うまく伝えられたかしら?

 

 

では次はHさんのアトピーの症状がどう改善されたかを
お伝えしますね。

ありがとうございました。


東京銀座 ヒーリング&オステオパシー hic et nunc
天音美保



いつもありがとうございます。
よかったら応援してください!励みになります。

にほんブログ村 健康ブログ 心と体へ
にほんブログ村

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お問い合わせ・施術のご予約はHPからお願いします

 

・身体に触れるヒーリングを学びたい人の為の無料メルマガ。
人間>自然>宇宙 ヒーリングをとことん学びたい人の為のメルマガ

・自分メンテナンスが必要なのは何故?すべての方が無料でご登録できます。
自分メンテナンス入門

・経営者に必要なメンテナンスとは?
 経営者オンリーの無料メルマガです。
経営者の為の自分メンテナンス入門