読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分メンテナンスでストレスフリーな人生を

東京 銀座ヒーリング&クラニオセイクラルオステオパシーhic et nuncオーナー天音のブログ。自分のメンテナンスは成功のエッセンス。

人間の欲求と共感

17日、18日とオステオパシーのセミナーに参加してきました。初日は小児クラニオといって産道、骨盤を通り赤ちゃんがどんなふうに生まれてくるのか出生時の外傷(バーストラウマ)を取り除く手技等を学びます。2日目は上肢の部分(肩関節、鎖骨、肘等)の軟部…

意識して 意志を持って 意図する

101回伝えるまであと61記事 少しずつ少しずつ自分メンテナンスの大切さに気がつき日常に身体と心のケアを取り入れはじめている方達が周りに増えてきたことがとても嬉しく思います。ヒーリングクラスの生徒さん達やクライアントさんが少しずつ食を変えたり、…

Less is moreという生き方

満月前夜の移転のお知らせから沢山の方からメールやメッセージをいただきました。とてもとても嬉しいです。一緒に喜んでくれる人がいるって嬉しい。 どんな変化であってもそこには不安がつきまとう。楽しいことであっても素晴らしいことであっても。ただ最近…

自分メンテナンスは人生そのものに関わる大切な取り組み

写真は先月の葉山の海今日は自分自身の月1メンテナンスということで葉山にあるパレオライフアカデミーさんにクラニオセイクラルの施術を受けに行ってきました。well-in-life.com去年の12月から通っているので今月で5回目の施術になる。銀座から葉山までは約2…

人間変われば変わるものだ

たった5分、されど5分 3日休むと腕がなまる。伊勢から帰って来てからセッションに入る前に主人の身体を整えながら施術の感覚を取戻す。たった3日、されど3日。ほとんど毎日のように人の身体に触れているからか3日も触らないと感覚が落ちる気がしてならない。…

身体を壊してまでしなくちゃいけない大切なことって?②

身体を壊すまで働くマインド 前回の記事はこちら ↓ hicetnunc-ost.hatenablog.com それが大好きな仕事であってもやり続けることで身体や心が壊れることがある。大好きだからやり続けても大丈夫なんて都合は通じない。使い続ければ痛む。それは肉体的な部分だ…

2017年4月2日 雑記-2【必死に生きるのか、必死に死ぬかだ】

昨日、伊勢参拝から戻ってきた。伊勢に着いたのは11時前。すでに内宮の駐車場は120分待ちとなっていた。もっぱら平日にしか移動しないので4月1日が土曜日だということにその時に気がついた。私は人混みが苦手。人のエネルギーに酔い、目が回ってしまう。これ…

人間の脳と身体の比率は1:9

春分の日から受講生さんと一緒にあるワークをはじめた。期間は6ヶ月。1週間ごとに取り組んだワークのフィードバックを行なって進めていくのだが正直なところ、半年先に何が起こっているのかはわからない。私にとっても今回このワークにじっくりと取り組んで…

持っていないけど持っているという安心感

先日、私の恩師と再会した。4年ぶりの再会だった。恩師と出会ったのは14年前。会わなかった4年の間に劇的に環境が変化していたのは私。独立もしたし住む場所もパートナーも変わり施術の内容も4年前とはかなり違う。再会の限られた時間で自分の中でも「これは…

まずは減らすことからはじめる

先日「本しばり宣言」をしてから部屋にある小さな本棚に必要な本だけを残して他の本はすべてクローゼットの中にしまいこんだ。 hicetnunc-ost.hatenablog.com 本自体はあるのに視界に入らないだけでずいぶんとすっきりする。本を整理した翌日は満月。満月ジ…

自分に必要な環境を作りたいあなたへ

午前中浜離宮まで主人と散歩に行ってきました。満開の菜の花の間を通ると青臭く懐かしい匂い。銀座のサロンにこもりっきりという日が多いので時間のあるときは意識的に外に出るようにしているけれどやっぱり東京ですね・・・ もう少し自然のエネルギーを感じ…

足りてますか?生身の人間同士のコミュニケーション

私がこの仕事を続ける理由はすべての人に「解放」と「生きる喜び」を感じてほしいから。 その為に必要なのが自分メンテナンス。あと少なくとも85回は言葉にして伝えていかなくては。 コミュニケーション取れてますか? 頭でっかちな思考で生きている現代人に…

自分の一番の味方と仲良しになる方法

自分メンテンナンスをするようになったきっかけを昨日の記事で書きました。 hicetnunc-ost.hatenablog.com 物事が始まるのにはいつもなにかしらのきっかけがありますよね。このブログにたどり着いたのもアトピーで問題があって検索していたらたどり着いたと…